水のトラブルは予防できる

水のトラブルは予防できる ライフスタイルは多様化していますが、それでもほとんどの家庭で共通しているのは水が生活に欠かせないということです。普段何気なく使っているかもしれませんが、ひとたび水のトラブルが起きるとかなりの支障が出ます。しかも水回りのトラブルは、ある日突然発生することが多いです。夜中にと家が詰まってしまった、キッチンを使おうと思ったら蛇口から噴水のように水があふれ出してくる、給湯器が壊れてお湯が出てこないなど実際に起きると本当に困りものです。また水漏れが発生して、放置していたら普段の倍以上の水道代を請求されたというケースも珍しくありません。しかしこのような水回りの問題、普段から対策していれば起きる確率を減らせます。

■水回りのトラブルで多い詰まりの問題

水のトラブルの中でも多いのは、詰まりです。詰まりが起きるのは排水管の中に固形物がとどまってしまって水の流れを遮ってしまいます。最初のうちは水の流れがスムーズにいかなくなる程度でしょう。しかし完全にふさがってしまうと、水の行き場がなくなってしまって時に逆流することもあり得ます。つまりを起こさないようにするためには、原因となるようなものを流さないようにすることにつきます。特に注意したいのはトイレです。トイレットペーパーを一度に大量に流してしまうと、詰まりやすくなります。水に溶ける性質があるものの大量だと溶けるまでに時間がかかってしまって、排水管の中にとどまってしまいます。

■重曹を使った掃除を
詰まり対策を進めるためには、定期的に掃除をするのもおすすめです。この時重曹を有効活用しましょう。重曹はスーパーなどで販売されていますし、低価格ですから入手しやすいはずです。まずきれいに洗って、重曹をまんべんなく振りかけます。そしてクエン酸もしくはお酢も一緒に使用するとより高い効果が期待できます。重曹2に対してクエン酸もしくはお酢を1程度の比率で使用しましょう。そのまま30分ほどつけおきの状態で放置しましょう。そうしたらお湯を使ってきれいにゆすぎましょう。この時ブラッシングを行うと細かな汚れも取り除けます。詰まり以外にも防臭やぬめり防止効果も期待できます。

■水漏れもメンテナンスで対処できる

水のトラブルの中でも水漏れも少なからず報告されています。蛇口や水洗、洗濯機の周辺などが水浸しになっていて問題の発生していることに気づくというパターンも少なからず見られます。このようなトラブルも定期的なメンテナンスを取り入れることで、予防は可能です。特にナットなど接続部分が長年使っていることで徐々に緩み漏れの発生するパターンは多いです。これは定期的にナットの閉め直しを行えば、防止できる問題です。またできることなら、トイレや洗濯機などには止水栓がついているので使わないときには止めてしまうのも有効な対策です。水が流れていると、それだけ水が流れ続けるので、水道料金の値上がりが懸念されます。

■まとめ
普段何気なく使っているお水ですが、ここで何らかのトラブルが発生すると本当に困りものです。特に注意したいのは水漏れやつまりについてです。しかしいずれについても、上で紹介したように発生リスクを抑制するための対策はいろいろとあります。定期的にお手入れすることで、劣化の速度を進めないように心がけましょう。ただし一方でメンテナンスをしていても、劣化を完全にストップさせるのは難しいです。何か気になる水のトラブルがあれば、速やかに水道修理業者に連絡することです。自分で修理しようとした場合、素人が変にいじると逆に症状を悪化させてしまいかねません。ここは専門家に任せて、適切な修理をお願いしたほうが無難といえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース